TopicPath
トップページ >
採用ノウハウ >
採用ノウハウブログ >
調査結果 >
「中途採用の面接」に関する調査結果

採用ノウハウブログ パソナキャリアの経験豊富なリクルーティングアドバイザーによる採用ノウハウブログです。リクルーティングアドバイザーが日々体験している採用のポイントや採用の事例などをブログ形式でお届けします。

「中途採用の面接」に関する調査結果


パソナキャリアでは、『「中途採用の面接」に関する調査』を実施しましたので、
その結果をご案内いたします。

なお、この調査結果に関するレポートもご用意しております。
ご興味いただける場合は、お問合せフォームより、ご連絡ください。

▼お問合せ先
https://krs.bz/pasonacareer/m/314inquiry

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□調査結果概要□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●面接でいやな思いをしたことのある転職希望者は32.9%。
●面接時にうけた印象が実際の入社決意に影響する方は転職希望者のうち、90.9%。
●よい印象につながる面接官の応対は「面接時に入社後のイメージを具体的に説明してくれる」
「職務経歴書の内容を理解してくれている」「面接時に仕事内容について説明をしてくれる」の順に。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□調査結果詳細□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

転職希望者で、中途採用の面接を受けたことのある方のうち、面接時にいやな思いを
したこがある方が32.9%となりました。具体的にどういった経験かを伺うと、
「態度が高圧的で何を話しても否定的だった」「面接室で長時間待たされ謝罪なく肘を
ついたりしながら面接を行われた」といった面接官の応対、「面接会場や時間が何度も
変更になり、最終的に会場が喫茶店になった」「待ち時間が長く、社員の無駄話が
聞こえてきて、悪い印象を受けた」といった面接の環境に関する声が多くあげられました。

面接時に受けた印象が最終的に入社の決意に影響するかどうかを伺ったところ、
「とても影響を与える」(42.8%)「まあまあ影響を与える」(48.1%)をあわせて90.9%に
のぼりました。特に20代前半では影響度合いが高く、一方で、30代後半、40代は
全体と比較すると影響度合いが低いため、そのほかの要因で入社の決意をしている
ことがうかがえます。

面接官の応対でよい印象につながる応対で最もあてはまるものは、「面接時に入社後の
イメージを具体的に説明してくれる」(22.8%)、「職務経歴書の内容を理解してくれている」(19.0%)、
「面接時に仕事内容について説明をしてくれる」(17.7%)の順にとなりました。

経済環境の悪化により、買い手市場といわれる転職市場ですが、転職希望者側も面接時は
入社する会社を判断する場として、面接官の応対や理解度、面接環境を確認してみると
よいかもしれません。また、企業側も転職希望者に判断される場であるということを認識して、
面接の応対をすることが望ましいといえるでしょう。

【調査の概要】
・調査方法 パソナキャリアにご来社いただいた転職希望者に対してアンケート用紙にて回答を回収
・調査期間 2009年8月1日~2009年8月31日
・回答件数 551件

採用方法をご検討の方へ サービスの詳細・ご相談、お気軽にお問い合わせください求人の依頼・お申し込み お問い合わせ 03-3243-1563 平日10:00~21:00 土日祭日除く