TopicPath
トップページ >
採用ノウハウ >
採用ノウハウブログ >
調査結果 >
「残業時間」に関する調査結果

採用ノウハウブログ パソナキャリアの経験豊富なリクルーティングアドバイザーによる採用ノウハウブログです。リクルーティングアドバイザーが日々体験している採用のポイントや採用の事例などをブログ形式でお届けします。

「残業時間」に関する調査結果


パソナキャリアでは、『「残業時間」に関する調査』を実施しましたので、
その結果をご案内いたします。

なお、この調査結果に関するレポートもご用意しております。
ご興味いただける場合は、お問合せフォームより、ご連絡ください。

▼お問合せ先
https://krs.bz/pasonacareer/m/314inquiry

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□調査結果概要□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●「平均的な実残業時間」の平均は35.7時間。「多いときの実残業時間」の平均は66.5時間に。
●「理想的な残業時間」は22.2時間。「許容できる最大の残業時間」は49.8時間。
●残業時間が多いと感じている人の割合は、平均残業時間20時間以内の人は19.8%、
 21~40時間の人は47.9%、41~60時間の人は77.9%、61~80時間の人は90.7%に。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■□調査結果詳細□■

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

全体では、「平均的な実残業時間」の平均が35.7時間、「多いときの実残業時間」の
平均は66.5時間となりました。性別でみると男性のほうが残業時間が長い傾向にあります。
年代別でみると「平均的な実残業時間」の平均は20代前半が一番長く、
「多いときの実残業時間」の平均は20代後半が一番長い結果となりました。

「理想的な残業時間」は22.2時間、「許容できる残業時間」の平均は49.8時間となりました。
性別でみると、男性よりも女性のほうが短い残業時間を希望しており、年代別では20代後半が
許容できる理想的な残業時間、残業時間ともに一番長い傾向にあります。

業界別でみると、「平均的な実残業時間」の平均は「流通・サービス系(47.5時間)」、
「金融系(41.1時間)」「IT系(34.6時間)」の順となりました。「多いときの実残業時間」の
平均をみると、「IT系(83.5時間)」、「流通・サービス系(76.7時間)」、
「金融系(68.5時間)」の順で残業時間が長い結果となりました。

この2点をあわせてみると、「流通・サービス系」「金融系」は慢性的に残業が多く、
IT系は時期によってばらつきがあることがうかがえます。

平均的な残業時間に対し、その残業時間が多いと感じるかどうかをたずねたところ、
全体では「とても多い」が15.8%、「やや多い」が31.5%となっており、47.5%と約半数が
残業時間が多いと感じていることがわかりました。

実残業時間ごとにみてみると、20時間以内の残業時間の場合は、残業時間が多いと
感じている割合は19.8%、21~40時間では47.9%、41~60時間では77.9%となっており、
40時間を越えると半数以上が残業が多いと感じる傾向にあります。
また、61時間を越えると90%以上が残業時間が多いと感じています。

【調査の概要】
・調査方法 パソナキャリアにご来社いただいた転職希望者に対してアンケート用紙にて回答を回収
・調査期間 2009年9月1日~2009年10月31日
・回答件数 495件


採用方法をご検討の方へ サービスの詳細・ご相談、お気軽にお問い合わせください求人の依頼・お申し込み お問い合わせ 03-3243-1563 平日10:00~21:00 土日祭日除く