Q. 採用した社員の給与支払いに関して決まりはあるのですか?

  • 人事労務

給与の支払いについては、労働基準法によって定められています。事前に決められた給与金額を社員に対して直接、毎月1回以上、一定の期日を定めて支払いを行う必要があります。

また会社側の都合によって、社員を休業させる事になった場合には、平均賃金の6割以上の休業手当を社員に対して支払う必要があります。

給与については、労働問題の中でも特にデリケートな内容ですので、労働基準法に基づき、適切に運用管理を行う必要があります。