Q. 採用した社員の有給休暇に関して決まりはあるのですか?

  • 人事労務

有給休暇については、労働基準法によって定められています。入社日から起算して、6ヶ月以上継続して勤務しており、出勤日数が8割以上となっている社員に対しては、最低10日間を付与する必要があります。

また有給休暇を利用する社員に対して、給与の減額や欠勤扱いにするなどの処遇を行ってはいけません。有給休暇中も定められた通常の給与を支払う必要があります。

有給休暇の取得状況については、業界や職種、企業によって実情が異なっているようです。
社員の定着率を高めるためには、社員に対して適切な休暇を付与し、安定して働いてもらう環境作りも大切になっています。